2009年 05月 14日
善知鳥の島
これは何?
e0051186_19494056.jpg


何だって?
e0051186_19495052.jpg


断崖にウミネコが舞う
e0051186_1950172.jpg

e0051186_19501295.jpg

羽幌町天売・赤岩付近 5/4撮影
PENTAX K10D + DA12-24mmF4ED AL[IF]
(4枚目は画像クリックで900×600サイズになります)

一枚目、何だと思いますか?
昼間歩いたとき、この無数の穴を見つけて 「何だろう?」 (断崖にもあるのが見えるでしょ?)
「鳥の巣じゃないの?」とカミさん。
「そうか~、スゴイな」

が、この日の夜、もっとスゴイことを知る。
この穴はウトウ(善知鳥)の巣。
その数、なんと30万!
さらに、
日中(つまりすぐ脇を歩いていたとき)、
この穴全てに一羽ずつのウトウがいたのだ!

穴の奥で静かに卵を抱いていたんだね。

天売島で繁殖するウトウは60万羽。
世界中の生息数が100万羽と言われるうちの60万羽だ。
日中、オス・メスが交代で卵を抱き、一方は海上に漁に出る。
遠くは北は利尻島、南は積丹沖まで毎日出かけるらしい。
この時期(5月初旬)はまだ雛が孵っていないため、暗~くなってからバラバラと帰ってくるのだが、
雛のためにイカナゴをくわえてくる時期(5月中旬~)になると、30万羽が一斉に帰って来るらしい。
(来年は6月に行こう。。笑)




宿で美味しい夕食をいただきながら待っていると、ウトウ ウォッチング ツアーバスがお迎えにやってくる。
民宿吉田旅館がこのバスのスタート地点。
何軒かの宿で予約客をピックアップしつつ、話の上手い運転手さんのガイドを聞きながら赤岩へ向かう。
懐中電灯を借りて待っていると、次から次へと足元へ帰ってくる。み~んな自分の巣はちゃんとわかってる。
e0051186_203106.jpg

e0051186_2031889.jpg

巣穴を直しつつ(懐中電灯を照らす人間に砂をかけながら)、穴にもぐっていくウトウ君。
e0051186_2032670.jpg

羽幌町天売・赤岩付近 5/4撮影
PENTAX K10D + FA50mmF1.4 (ストロボ使用はOKです)

ちなみに名前の『ウトウ』はアイヌ語の『突起(ウトー)』に由来する。
真ん中の写真で、オレンジ色の嘴の基部に突起があるのが見えますよね。
この突起は繁殖期だけのもの。
また、顔の白い飾り羽は夏羽のものなので、季節が違うとまったく別の鳥に見えるらしい。
hiros by hiros_01 | 2009-05-14 21:35 | 羽幌・天売・焼尻 | Comments(6)
Commented by 本部長 at 2009-05-14 23:23 x
いやぁ、圧倒されました!
フイルムの“てうり発”は出遅れてしまいましたが、
朽ち果ててゆく町並や自然と同化していく車などがこんな離島にもあるんだな、と思っておりました。

ウトウの数も圧倒的ですね!!
マガンも多い時で6万羽とか7万羽とかいっておりますが、
ウトウが一斉にねぐら入りし出したらちょっと恐ろしいような(^_^;)
ちょっと信じがたい光景を想像しております。
北の離島、恐るべしです☆
Commented by ariari at 2009-05-15 02:39 x
ううむ、30万羽?60万羽?...婚活せんでもちゃんとマリアージュできんのね。
はぐれて一人モンとかいないのだろうか、だとすればワシも天売へ行けばなんとかなるのか。
繁殖はしないけど(爆)。
ああ、寝不足で頭がパーです。
Commented by hiros at 2009-05-15 05:22 x
本部長さん、おはようございます。
『てうり』、周囲12kmの島に全てが詰め込まれています。

30万羽のねぐら入り、いつかはこの目で見たいと思います。
小さな島にある大きなパワーに驚きですね。
Commented by hiros at 2009-05-15 05:38 x
ariariさん、おはようございます。
巣穴は30万個、そこに30万×2羽のウトウ。
一方は抱卵のため巣穴でお留守番、他方が漁に出ると。
なので飛んでいるのは30万羽、という運転手さんの説明でした。

>ワシも天売へ行けばなんとかなるのか
 まずは寝不足を解消してください。でないと、ウミネコと闘えませんよ。
Commented by GRD2 at 2009-06-11 17:17 x
凄いですね!

ウトウの巣だったんですね~
Commented by hiros at 2009-06-11 21:04 x
GRD2さん、こんばんは。
日中、この脇を歩いたとき、まさかこの穴ひとつひとつに卵を抱いた親鳥が入っていたとは
全く気が付きませんでした。
名前
URL
削除用パスワード
<< 天売から焼尻へ 天売の空 >>