2010年 03月 22日
味工房まで60分
一本勝負の前、南小樽駅から堺町に向かってぶらり歩いてみました。
(ラストのみ勝負の36枚が終わった後です。37枚目のシャッターが下りず、悔しくてGR-Dで。)
e0051186_810106.jpg

e0051186_8102138.jpg

e0051186_8103175.jpg

e0051186_8103917.jpg

e0051186_810489.jpg

小樽市(南小樽駅~堺町) 3/20撮影
RICOH GR DIGITAL

hiros by hiros_01 | 2010-03-22 06:30 | 街角から | Comments(6)
Commented by ariari at 2010-03-22 15:31
ありがとうございます。ただ、そうとしか云えません。素晴らしい。
Commented by hiros at 2010-03-22 20:11 x
ariariさん、こんばんは。
こちらこそ、ありがとうございます。
Commented by 本部長 at 2010-03-22 23:31 x
うーん、いつものhirosさんとは違った切り口も行けますね!
4枚目、いかにもストリートスナップな一枚だと思いました。
ラスト、押さえつけられたカタルシスを雪解けで一気に解き放たれるかのような予感を感じさせます(笑)
Commented by 閑居 at 2010-03-23 02:41 x
5枚目、一本勝負でシャッターが下りていたらどのような写真になっていたかと想像してしまいます。
hirosさんのセンスと小樽写販さんの技術。
一本勝負のカットを拝見しておりますと、それらが実によく調和しているように思えます。
また、雨の日ならではの色彩のコクといいますか、好きな写真だなぁ・・と思っていました。
Commented by hiros at 2010-03-23 06:01 x
本部長さん、おはようございます。
ありがとうございます。いつもの私じゃない私も有りですか?(笑)
でも、のり弁はいつもどおり美味かったです。
ラスト、難しい予感ですが(笑)、ありがとうございます。
Commented by hiros at 2010-03-23 06:06 x
閑居さん、おはようございます。
5枚目、フィルムとデジタル、カラーとモノクロ、全く別物ではあったでしょうね。
やはり写販さんのプリントは凄いです。自分が上手くなったかと錯覚するのが怖いほど(笑)

いつも、ありがとうございます。
名前
URL
削除用パスワード
<< Glamorous body 第25回 一本勝負in小樽 >>