2010年 04月 17日
5801
e0051186_21352431.jpg

伊達市館山下町・北海道糖業(株)道南製糖所 4/4撮影
PENTAX K10D + Carl Zeiss Distagon T* 2.8/25mm ZK
(画像クリックで900×600サイズになります)

昭和34年10月の創業時から、製糖所と伊達紋別駅間の専用分岐線を走っていたディーゼル機関車です。
昭和40年代までは、原料の甜菜や製品を大量に運んでいたようですが、徐々にトラック輸送に取って代わられ、
昭和61年11月の伊達紋別駅貨物取扱い廃止に伴い、専用分岐線も廃止されました。
この機関車は、昭和61年10月22日が最後の運行となりましたが、その後も正門脇で製糖所を見守っています。
hiros by hiros_01 | 2010-04-17 05:50 | レイルウェイ | Comments(4)
Commented by ariari at 2010-04-17 06:22
よく見つけましたね!なかなか人が歩かない場所ですからね。
ぼくも撮ってます♪北海道には、この子以外にも構内鉄道に従事していた機関車が保管されている工場がありますよ。
Commented by hiros at 2010-04-17 06:41 x
ariariさん、おはようございます。
伊達漁港からそのまま海側の道を走っていてたまたま。
でも、昔はこの工場にも仕事で訪問してましたし。。
Commented by i_nosato02 at 2010-04-17 08:00
おもちゃみたいなかわいい機関車ですね。
こんなのを探して歩くのも面白いですね。
Commented by hiros at 2010-04-17 22:38 x
i_nosatoさん、お疲れ様でした。
可愛いの好きですw
まずは三重連ですか?ww
名前
URL
削除用パスワード
<< 第26回 一本勝負in小樽 北かべ迫る >>