2010年 04月 28日
『南美唄 3km』
『南美唄 3km』
なぜか惹かれるものがあり、左折した。

行き着いたそこには、古い商店街と、その先に「三美炭鉱」の文字を掲げた古い事務所。
中に灯る照明と、休日出勤?の人影から、その建物が現役だとすぐに気付いた。

撮影の許可をいただき、その後少しお話を聞くことができた。
僕は何も知らなかった。
ここでは、今も露天掘りで採炭が行われている。(帰宅後調べたら、他に数箇所有り)
北海道に限れば、現在でも石炭の自給率は15%程度もあるのだそうだ。
炭鉱と、炭住と、商店街とが、ここにある。
e0051186_2137306.jpg

e0051186_21374418.jpg

e0051186_21375562.jpg

e0051186_2138819.jpg

e0051186_21382073.jpg

e0051186_21383023.jpg

e0051186_21384236.jpg

e0051186_21385399.jpg

e0051186_213969.jpg

e0051186_21391885.jpg

e0051186_2139284.jpg

e0051186_21394029.jpg

e0051186_21395268.jpg

美唄市南美唄町 4/24撮影
RICOH FF-70D(RIKENON 35mm F2.8)
FILM:FUJICOLOR SUPERIA Venus 400 (2年3ヶ月落ちw、FUJICOLOR CDデータをリサイズ)

hiros by hiros_01 | 2010-04-28 05:52 | 街角から | Comments(8)
Commented by i_nosato02 at 2010-04-28 06:27
あっ 一気にだしちゃったんですね。
さすがGW前だから太っ腹(笑)
>なぜか惹かれるものがあり、左折した。
hirosさんの嗅覚のおかげでした。さすが。


Commented by ariari at 2010-04-28 06:36
またまた炭鉱のある場所だと一気に出して!
もったいねぇがら、ちょびっとにしなせぇって!
昨年ここで撮ったら、下から5枚目、左側の店にはまりましたw
見事にariariトラップに引っ掛かりドボン。
おばちゃんと長話してしまい撮影もそこそこ。
また行かなくちゃ。次回はお店の二階の整理を頼まれたw
Commented by Amy at 2010-04-28 10:52 x
さすがhirosさんの嗅覚はあたりでしたね。
炭鉱、炭住、商店街の写真はこういう機会でもなければ知ることも見ることも出来ませんでした。
美唄というとアルテピアッツアをすぐ思い出します。
今でも採炭があるのも良かったなあ・・と感じました。
写真に残るって素晴らしい事ね。
Commented by hiros at 2010-04-28 22:18 x
i_nosatoさん、こんばんは。
はい、ここは一気に。GW前ですから、後先考えずに(笑)
太っ腹なのは、まあこの歳ですからね。。
左折が得意です。?
Commented by hiros at 2010-04-28 22:44 x
ariariさん、こんばんは。
いや、炭鉱に限らずネタが豊富なときには一気で。
ariariさんは左のお店でしたか。
私はシャボン玉が欲しくて、あえてシャッター下りてる右のお店を覗いて、
「今日はお休みですか~?」って声をかけてみました。
そしたら奥に居たおばちゃんが「もう辞めてるの」ってひと言。。
Commented by hiros at 2010-04-28 22:56 x
Amyさん、こんばんは。
あたりかどうかはともかく、知らない道へ入るのは得意です。
この辺りでもまだ何箇所か露天掘りを行っているそうです。
「あまり知られてないんですよね」って仰ってました。
現役のうちに、露天掘りの現場も見てみたいですね。
Commented by doronko-tonchan at 2010-04-29 07:18
私もこういうところで生まれ育ったので、懐かしさがひとしおです。
故郷の建物も人も歴史を刻んで、老朽化していくものですが
現役とは驚きです。 嬉しくなりますね。
Commented by hiros at 2010-04-29 21:44 x
doronko-tonchanさん、こんばんは。
初めて訪れた町でも、懐かしさを感じることは多いです。
風景にしても、町にしても、どこかに自分の原風景を探しているんでしょうね。
名前
URL
削除用パスワード
<< 雪解けの頃 茜より深く >>