2010年 07月 24日
列車に乗って 7 (白糠漁港)
やはり足は港へ向かう。港から見える浜では、霧の中かあさんが昆布を拾っていた。
e0051186_5483357.jpg

白糠町岬 7/17撮影
PENTAX K10D + FA50mmF1.4
(画像クリックで1200×800サイズになります)





e0051186_533685.jpg

e0051186_533291.jpg

e0051186_5334048.jpg

e0051186_5335575.jpg

e0051186_534723.jpg

e0051186_534197.jpg

e0051186_5343015.jpg

e0051186_5344298.jpg

白糠町・白糠漁港 7/17撮影
PENTAX K10D + FA50mmF1.4
(横位置画像はクリックで900×600サイズになります)

hiros by hiros_01 | 2010-07-24 05:57 | 船と港 | Comments(4)
Commented by mamako at 2010-07-24 09:31 x
霧の浜辺もいいですね。
海には青い空、と決まっているわけではないのだな~と思いました。
Commented by hiros at 2010-07-24 20:53 x
mamakoさん、こんばんは。
霧も絵になりますよ~。
と云うか、どんな条件でも撮ります。ネタ欠乏恐怖症につき。。(笑)
Commented by ariari at 2010-07-25 03:27
古い漁船萌え♪木製船室、一つ目旋回窓〜〜!!
白糠には仕事だけでしか行ってないんです。
というのも取引先は一軒だけ。朝から晩まで拘束されます。
それが本当に楽しく美味しい想い出ばかり。
そして、もの凄い悲しい想い出にも。。。
(取引先の跡継ぎさん、ぼくより若かったんですが急死されて...)
Commented by hiros at 2010-07-25 06:53 x
ariariさん、おはようございます。
古い漁船、この船底の色が良くて。
一軒の取引先、会社としても個人的にもお得意さんだったんですね。。
それにしても、そんな悲しい想い出が。。。
名前
URL
削除用パスワード
<< 列車に乗って 8 (帰札) 列車に乗って 6 (白糠町にて) >>