2012年 09月 18日
のーとととーだい
e0051186_6364036.jpg

e0051186_6365272.jpg

島牧村持田・茂津多岬灯台 9/1撮影
PENTAX K-r + DA35mmF2.4AL
(1枚目のみ画像クリックで1200×800サイズになります)

この茂津多岬(もったみさき)灯台、日本一です。
なんと言われようが、そこは譲れません。はい。




『茂津多岬灯台』

何が日本一なのか?それは平均海面から灯台頂部までの高さです。
その高さは、なんと290m!昨日アップの1枚目は展望デッキからの眺めです。

でもね・・・、灯台下の説明に、こう書いてありました。

★茂津多岬灯台の歴史
  1937年(昭和12年) 鉄筋コンクリート造で標高日本一の灯台が建てられました
  1937年(昭和12年) 宿舎もあり、灯台を管理する職員が家族と住んでいました
  1951年(昭和26年) 兵庫県に日本一の余部埼灯台が建設され、この灯台は2番目になりました
  1963年(昭和38年) 機械が自動化され、無人の灯台になりました
  2001年(平成13年) 屋根部分が交換され、再び日本一に!

とんがり屋根~~~!
君にはそんな事情があったんだね。。
hiros by hiros_01 | 2012-09-18 05:00 | 風景 | Comments(8)
Commented by Amy at 2012-09-18 13:33 x
のーとhiros号は良く走りますね~こんなに走らせても故障もなく文句も
言わずでしょうか?<笑>
燈台が再び日本一になって良かった!北の大地で頑張っているんだね!
私のPCも黄金色に輝いています。
Commented by ひなた at 2012-09-18 15:59 x
タイトル見て「と」が3つ見えた時、ウチのパソコン~とうとうダメだと思いました^^;
とんがり屋根の灯台・・・メルヘンチックでいいですね♪
日本一の座~譲らずいてほしいですね。
2枚目・・・灯台のとんがり屋根から、のーとへのライン。
空の広さもちゃんと計算されているんですね。勉強になります。
Commented by ariari at 2012-09-18 19:24 x
ま、その。。。大人げない戦いともw
高さは「設置した場所」ということね。
灯台そのものの高さから云えば、むしろ低いんだろうけど・・・
そこなんだね。ただただ高いのは他にもいっぱいあるんで。
因みに「日本の灯台50選」には入っていないんだね、残念。
Commented by hiros at 2012-09-18 21:56 x
Amyさん、こんばんは。
のーとは頑張ってくれていますが、灯台はどうなんでしょうねえ。。
壁紙、次は何色にしましょうか?^^
Commented by hiros at 2012-09-18 22:01 x
ひなたさん、こんばんは。
とんがり屋根、オシャレすぎてシンデレラでも出てくるかと思いましたw
でも、日本一はどんなもんでしょう。。^^;
2枚目、ありがとうございます。でも、計算と言うより直感です。
Commented by hiros at 2012-09-18 22:06 x
ariariさん、こんばんは。
戦いにもなってませんねw
灯台そのものは何てこと無い感じです。とんがり屋根だけが目立ってw
でもまあ、日本一に拘るのもアリですかね。誰にメリットがあるのかわかりませんがww
Commented by bono at 2012-09-18 23:17 x
こんばんは。
茂津多岬灯台に寄られたんですね。
国道からいきなりの急傾斜で、すごいところに建ってますよね。
ジェットコースターのような帰り道が楽しかった記憶がありますw
Commented by hiros at 2012-09-19 06:03 x
bonoさん、おはようございます。
「日本一」の文字を見たら(国道入口の看板)、立ち寄らずにはいられませんねw
以前はあの道も無かったとか。。登山しないと行けなかったんですね。
名前
URL
削除用パスワード
<< TOUR DE HOKKAID... 帰ってきた島牧 >>