2013年 05月 21日
ひとり
e0051186_207292.jpg

別海町奥行・ヤウシュベツ川湿原 5/4撮影
PENTAX K-r + FA*200mmF2.8ED[IF]
(画像クリックで1200×800サイズになります)

R244を快走するNOTEの車内に、突然響く高い声。
タンチョウ~!!
ひとりなら見逃していたな。^^;

それにしても、オジロやオオワシが一羽なら「カッコイイ!」なのだが、タンチョウがひとりでいると
「だいじょうぶかな・・」と妙に気になってしまう。。





hiros by hiros_01 | 2013-05-21 05:00 | 生命 | Comments(8)
Commented by i_nosato02 at 2013-05-21 06:29
北海道の道は、真っ直ぐが多くて 飽きるからねえーーー
実は、助手席で思わず 「単調」って つぶやいただけだったりして(爆)
Commented by hiros at 2013-05-21 06:46 x
i_nosatoさん、おはようございます。
道自体は単調でも、その周囲は見逃せません。
通り慣れた道ならともかく、間違っても飽きるなんてことはないですね。
Commented by ゆう at 2013-05-21 13:15 x
たしかにひとりだと心配になりますね。
もしかして、卵が産まれて交代で餌取りでしょうかね。
Commented by hiros at 2013-05-21 21:55 x
ゆうさん、こんばんは。
でしょ、心配ですよね~。
相方が抱卵か雛を守っているか、どちらかだといいですね。^^
Commented by swallow at 2013-05-22 08:52 x
たしかに寂しそうに見えますね。
もしかして時期的にみて、子別れした直後の若鳥ってこともw
Commented by hiros at 2013-05-22 21:22 x
swallowさん、こんばんは。
タンチョウの生態とか詳しくないので、どんな状況かわかりませんが、^^;
家族でいるタンチョウを見ると、なぜかホッとして笑顔になれます。^^
Commented by swallow at 2013-05-22 22:11 x
タンチョウは家族かつがいで暮してるイメージ大ですもんね。
生まれて二年目の若鳥は、春頃に親から放されてから若鳥のグループ、または単独で生活するらしいす。
と、釧路博物館で教わりましたw
Commented by hiros at 2013-05-22 22:21 x
swallowさん、ふたたび。m(__)m
解説ありがとうございます!若者は頑張らないとアカンですね!w
自然は厳しく、生命は強く。だからこその美しさ。
名前
URL
削除用パスワード
<< HAMANAKA TOWN ×... バラサントー >>