2014年 05月 28日
奥行臼駅
e0051186_2185886.jpg

e0051186_2191262.jpg

JR標津線・奥行臼駅(1989年4月30日廃線・廃駅) 5/5撮影
FUJIFILM X-E1 + FUJINON XF27mmF2.8
(画像クリックで1200×800サイズになります)

「おくゆきうす」の名は、アイヌ語の「ウコイキ・ウス」(戦があったところ)から。
この地で根室ポロモシリのアイヌと、厚岸のアイヌが戦をしたからと言われる。
(Wikipediaより)
hiros by hiros_01 | 2014-05-28 05:00 | レイルウェイ | Comments(2)
Commented by momophoto at 2014-05-28 18:10
アイヌ民族は平和主義と思っていましたが、戦もあったのですね。
廃駅といっても、周辺のお手入れがされいい感じで残っていますね。
木の電柱もいいですねぇ~
Commented by hiros at 2014-05-28 21:29 x
ゆうさん、こんばんは。
人類の歴史は戦の歴史ですね。。
奥行臼駅は別海町の指定文化財として保存されていますから、それなりの保存状態なのでしょうね。
名前
URL
削除用パスワード
<< 内燃機関車+ミルクゴンドラ車 また逢う日まで。 >>