2006年 04月 06日
JAL1012便 B777-200 Procyon JA8985
e0051186_17361157.jpg

新千歳空港
PENTAX *istD + FA*200mmF2.8ED[IF](トリミング&グレースケール)

彼が小学校に入学し初めての授業参観日
ロボットや乗り物やお人形さんの絵がほとんどの中
彼の絵だけが緑の山とその上に輝く太陽

その彼が今、1年間の新入社員研修に飛び立つ
18の春




時折激しく降る4月の雪
JAL1012便がボーディングブリッジを離れる直前に青空がのぞいた
e0051186_1861972.jpg

e0051186_1863768.jpg

e0051186_1865368.jpg

新千歳空港
PENTAX *istD + FA*200mmF2.8ED[IF]

hiros by hiros_01 | 2006-04-06 18:14 | 管理人室 | Comments(7)
Commented by あおの ひろ at 2006-04-06 21:48 x
こんばんわ
新しい旅立ちですね
もしかして 川原(鮭の遡上の川)の写真に足だけ写っていた彼でしょうか
Commented by hiros at 2006-04-06 22:40 x
ひろさん、こんばんは。
良く覚えていらっしゃいますね。そのとおりです。
しょっちゅう親父のわがままにつき合わさせていました。
さっき「何書いてんの!」と携帯にメールが入りました。
Commented by i_nosato01 at 2006-04-07 05:37
おはようございます。春は旅立ちの季節。
希望に胸を膨らませて飛び立ち、一年後には一まわり大きくなって帰ってきますね。がんばれ新入社員!
送り出すほうはうれしさとちょっぴりのさびしさですね。
(そのさびしさが一枚目のモノクロ?)
Commented by hiros at 2006-04-07 07:10 x
i_nosatoさん、おはようございます。
モノクロはそうですね。
二男もこの日ばかりは「一緒に行く」と言い、飛行機が旋回して雪雲の中に消えるまでじっと見つめていました。
Commented by ezoist at 2006-04-08 10:47
わぁ、涙が出そうです。私が初めてアメリカに来たとき、一年の研修を終えたら帰ってくる予定だったので、「じゃぁ、行って来ます」と言って千歳から飛び立ちました。見送りに来た母は、ゲートに入っていく私の後姿と、飛行機が見えなくなるまで、飛行機の写真を撮り続けました。その写真を、4ヶ月ほど後に私がスランプにおちいって「もう帰ろうかな」と弱音を吐いたときに、母は送ってくれました。「親は、子供の成功を信じているから、こんなに遠くでも送り出したんやで」というメッセージとともに。いまでもその写真が机の上に飾ってあります。なんだか母に電話がしたくなりました。hiros さんも、素敵なお父様ですね☆
Commented by bono at 2006-04-08 17:01 x
こんにちは。
授業参観の思い出と、2枚目の写真が心に残りました。
日差しの中で輝く雪が、何とも云えず感傷的になります。
私も、hirosさんのような思い出が語れるようになりたいものです。
Commented by hiros at 2006-04-08 19:03 x
ezoistさん、bonoさん、こんばんは。

>ezoistさん
 幸せな思い出ですね。その写真を見れば前に進めますね。
 「素敵な」親父でありたいと18年間接してきましたが、この日を迎えてみるとほど遠い自分がいます。
 彼に何を伝えてやれたのか、考えずにはいられません。

>bonoさん
 思い出はいくらでも語れますよ、bonoさんなら。
 これから娘さんがいっぱい思い出を作ってくれそうですね。
名前
URL
削除用パスワード
<< ミズバショウ 春のサイン >>