2006年 10月 15日
また来年。
e0051186_19404145.jpg

共和町・神仙沼湿原
PENTAX *istD + D FA Macro 100mmF2.8

もうすぐこの場所も雪に閉ざされる季節がやってくる
また来年、雪が解ける遅い春に
この木道を歩いて会いにきます

晩秋のニセコ
hiros by hiros_01 | 2006-10-15 19:50 | 四季・自然 | Comments(4)
Commented by bono at 2006-10-15 21:55 x
こちらにも失礼します。
私の方は、1週間分くらいのネタにしようと思っていたのですが出しづらくなってきました(笑
羊蹄とニセコ大橋、それから湿原の1枚目は私も出そうと思ってたので…(悲
ですが、同じところで撮影すると、視点や発想の違いがあって面白いですね。
とても参考になります!

ところで、フクラギ食べました?
私は気合の下ろしで指切っちゃいました(笑)。気合、入りすぎですね~^^
Commented by hiros at 2006-10-15 23:00 x
同じ場所に居ても、4人それぞれ全く違うものを撮っていたりしますからね。
まあ、だからこそ一緒に撮影する意味も楽しみもあるのでは。

フクラギ食べましたよ。もちろん私がおろして。
今日は半身だけ刺身にして、頭は味噌汁に。
残りの1.5尾は明日焼きます。
Commented by DENZI at 2006-10-15 23:46 x
ははは、同じ場所、のはずがオイラとbonoさんはいつのまにか迷子になっちゃいますけどね。
今回も色々とありがとうございました。
とても楽しく、勉強にもなりました。
湿原のようなコレ!という主題のないとこだと途端に何撮っていいのかわかんなくなって、ただシャッター押しただけのつまらない画を量産しちゃうオイラ。
皆さんの画を見て学びたいと思ってますので、アップよろしく!でございます。
Commented by hiros at 2006-10-16 07:00 x
DENZIさん、おはようございます。
i_nosatoさんもおっしゃっていたように「楽しんで撮る」というのが
基本かつ最大のポイントだと思いますから、4者4様、4方へ散らばって
良いんじゃないでしょうか。それでこその面白さですよね。
こちらこそいつもDENZIさんの発想、センスを少しでも吸収したいと
思うんですが、ハードルは高いです。(笑)
名前
URL
削除用パスワード
<< ぼくの機関車 再び同じ場所へ >>