2006年 11月 04日
秋景
e0051186_1434883.jpg

赤井川村字落合
PENTAX *istD + DA16-45mmF4ED AL

冬が来る前の豪雪地帯に秋の陽が暖かい
ここでは、何年、何十年先も同じように秋の陽が輝いているだろうか
hiros by hiros_01 | 2006-11-04 14:49 | 風景 | Comments(6)
Commented by i_nosato02 at 2006-11-05 08:15
いい秋の景色ですね。
カラマツの黄色と後ろの山のコントラストが素敵です。
てっぺんの白い雲が、一瞬雪に見えました。


Commented by hiros at 2006-11-05 16:08 x
i_nosatoさん、こちらにもコメントありがとうございます。
銀山から抜けましたが、周囲のカラマツがきれいでした。
この場所、手前のニオが無ければ車を停めていなかったかもしれません。
左手に見たあと、Uターンしての1枚です。
Commented by cocoon at 2006-11-06 00:29 x
あ~これです、落葉松の終盤の色!!
バックの裸になったダケカンバとのハーモニーがいいですね。
この季節、日々変化していく落葉松に息を呑んで魅せられました。
>ここでは、何年、何十年先も同じように秋の陽が輝いているだろうか
まだまだ、繰り返される自然の営み…拝見出来て嬉しかったです♪
Commented by hiros at 2006-11-06 21:22 x
cocoonさん、こんばんは。
この時期、陽光に輝くカラマツって本当にキレイですよね。
毎年、当たり前のように変わらず繰り返されることがどれほど素晴らしいことか。。
とは言え、全く同じシーンを撮れるチャンスは限りなくゼロに近く、日々レンズの向こうは新鮮です。
Commented by Amy at 2006-11-06 22:35 x
いいなあ―この景色!大好きです。カラマツの色がなんとも
 云えませんね。
 
Commented by hiros at 2006-11-06 23:11 x
Amyさん、こんばんは。
いいでしょう、この景色。自然と人間の営みとのハーモニーですね。
名前
URL
削除用パスワード
<< 小樽の街から SLニセコ号の走る町 >>