2007年 01月 24日
第三章 銀嶺
e0051186_213512.jpg
e0051186_2135875.jpg
e0051186_21351651.jpg
e0051186_21352472.jpg
e0051186_21353220.jpg

美瑛町白金・置杵牛付近より望む十勝連峰の山々 1/21撮影
PENTAX K10D + DA50-200mmF4-5.6ED

美瑛の丘から続く大地が大きく立ち上がる十勝連峰
銀色に光る山並みが美しい
hiros by hiros_01 | 2007-01-24 22:05 | 風景 | Comments(12)
Commented by fusion海苔で~すっ! at 2007-01-24 22:17 x
さすが、美瑛・・・
素材に事欠かないですネッ♪

あっ、写し手の腕でした。。。

2枚目と3枚目が好ましく思います、私には・・・
降り積もる雪に負けない針葉樹の先端!
其の先は何処へ???と探しに行きたくなる奥行き感!
淡くて深みもある空色。。。

愉しませてもらいました!!!
Commented by Amy at 2007-01-24 22:35 x
雪景色は「厳しい冬」にも「優しい冬」にもなり、それに太陽が加わると
 「輝く冬」になりますね。
 昨年訪ねたパッチワークの丘といわれた美瑛が忘れられないで
 いましたが、冬景色にも会えて嬉しいです。
 山並みも素晴らしいですね。
 道はどうなっているのだろうと・・・と心配になっていましたが、
 三枚目の写真で良くわかりました。
 鳥になって飛んでいきたい・・・
 
Commented by hiros at 2007-01-24 22:43 x
fusion海苔さん、こんばんは。
美瑛はどこを撮っても画になる気がします。
土曜日までは美瑛特集のつもりですので楽しんでいただければ幸いです。
Commented by hiros at 2007-01-24 22:51 x
Amyさん、こんばんは。
パッチワークもキレイですが、真っ白な美瑛もいいでしょう?
四季を通して魅力的です。
冬の道は夏に比べて減っているんですよ。
除雪の入らない道も多く、そんな道は冬期通行止めになります。
空を飛べたら。。。いいですね!
Commented by i_nosato02 at 2007-01-25 07:11
4枚目の切り取り方と5枚目の広がりが好きです。
しかし山の白さが気持ちいいですね。こんな天気って本当にラッキーでしたよね。だれが晴れ男だったのでしょう。。。。。
Commented by hiros at 2007-01-25 08:06 x
i_nosatoさん、おはようございます。
4枚目、今回の美瑛特集初めての縦構図アップです。
縦もそれなりに撮ったのですが、どうも美瑛=ひろがりから抜けきれず。

少なくとも雪男はいなかったようですねぇ。(笑)
Commented by 小樽ではたらく本部長 at 2007-01-25 11:37 x
雪面の星屑のような輝きがダイヤモンドダストのようにも見えます。
十勝岳は崇高な山ですね。こっちまで足を運んだことがほとんどないもので(^。^;)
皆さんの個性がそれぞれの画から感じることができますよ!
Commented by atCommA at 2007-01-25 12:32
私は一枚目の空気感にしびれております(^^)
縦横はねぇ...お互い極端ですね(笑) いずれ、自分の好きなようにしか撮りませんし撮れませんもんね(^^)
Commented by bono at 2007-01-25 20:57 x
こんばんは。
この場所は、今回私が一番良かったところです。
丘より山!の精神状態でしたから。。。(^^ゞ
白金の帰りに急遽右折しここへ寄ったときは、
昼食も近いし皆さんのオーラが痛かったような気がしましたが、
今は、多分錯覚だったのだろうと思ってます(笑

写真、どれも素敵なのですが、
特に2枚目と4枚目のキラキラにまたもダウンです(笑
Commented by hiros at 2007-01-25 21:24 x
本部長さん、こんばんは。
雪面のキラキラはきれいでしたよ。
十勝岳がこんなにきれいに見えたのもラッキーでした。
個性のぶつかり合い、雪あかりも楽しみですね!
Commented by hiros at 2007-01-25 21:27 x
CommAさん、こんばんは。
空気感、あの天気があればこそ。
今日も横ばっかりです。
明日はちょっと縦で。(木ですから。。。(笑)
Commented by hiros at 2007-01-25 21:35 x
bonoさん、こんばんは。
やっぱりbonoさんらしいです。(出しましょうか?ここでbonoさんが雪に埋もれている画を(笑)
みんななんだかんだ云っても食い気より撮り気でしょ!
2枚目、キラキラの向こうの雪面がポヤーッとしているところに自己満足。
名前
URL
削除用パスワード
<< 第四章 この大地に立ち 第二章 冬化粧 >>