2007年 03月 19日
冬ざれ
e0051186_21341872.jpg

石狩市樽川 3/18撮影
PENTAX K10D + DA50-200mmF4-5.6ED

傷ついても 病んでも
 青空の日も 雪の日も
  そして 変わり果てても
   アイツは ここを 離れない
hiros by hiros_01 | 2007-03-19 22:08 | その他 | Comments(4)
Commented by bono at 2007-03-19 23:15 x
hirosさん、こんばんは。
朽ちた列車に雪が降り物悲しい絵に見えましたが、
カッコいい語り口で印象も変わります。
北の詩人だな~と思っちゃいました^^
樽川にこのような廃車置き場あるんですね。
Commented by Amy at 2007-03-20 00:14 x

 廃車になった電車は普通は見逃されてしまうのに・・・
 なんて優しい気持ちなのでしょう!
 bono さんの“北の詩人”がぴったりですね。
Commented by hiros at 2007-03-20 07:10 x
bonoさん、おはようございます。
詩人なんてとんでもない。お恥ずかしい限りです。
廃車置場かどうかは定かではないのですが、数両が無造作に置かれています。
ネタ探しでもない限り通る道ではありません。樽川と手稲前田の境界付近です。
Commented by hiros at 2007-03-20 07:15 x
Amyさん、おはようございます。
「その気」でキョロキョロしていますので見逃しませんよ。(笑)
この光景を見た瞬間、「傷ついても 病んでも」のフレーズだけが浮かびました。
名前
URL
削除用パスワード
<< 現役 春の気配 再び風雪に蔽われ >>