2007年 04月 14日
春雪の朝
e0051186_1221721.jpg

星置緑地
PENTAX K10D + FA*Macro 200mmF4ED[IF]

朝、目が覚めると雪だ
迷わず星置緑地へ向かった
カメラもレンズもジーンズもびしょびしょにして
さっぽろで暮らすことの幸せを感じた

春雪の朝
hiros by hiros_01 | 2007-04-14 12:30 | 四季・自然 | Comments(12)
Commented by i_nosato02 at 2007-04-14 13:53
いいなあ、いい雰囲気ですね。さすがチャンスをのがさず、すばらしい作品を写しましたね。
フキノウトウの水滴がきれいです。
雪を被ったフキノトウやミズバショウなんてめったに写せないですよね。
暖冬+遅い春のおかげでこんな自然の演出があったとは、
「さっぽろで暮らすことの幸せを感じた」わかります。その気持ち。
暮らしているのにこの日に札幌に居られなかったのがすごく残念です。くやしい(涙)。
東京は日差しが強くて真夏のようです。
Commented by kuroesu at 2007-04-14 19:30
うわぁ~、雪積もってますね。
今日は午前中に参観日だったので出勤出来ませんでした。(笑
午後から何時もの水芭蕉を覗きに行きましたが
思い通りの画が撮れません、残念!
Commented by fusion海苔で~すッ! at 2007-04-14 21:23 x
手稲は雪が降ったンですねぇ~!hirosさん。。。

>迷わず星置緑地へ向かった、カメラもレンズもジーンズもびしょびしょにして
・・・中々、意欲的ですナァ~。
当地は、うす雲の天気でしたが、私は北風に負けました。
1月の寒中でも、スノボは滑りに行きますが、其のウエアーを脱ぐと、からっきし寒がりで(笑い)

直ぐに消える雪でしょうが、少しだけ緑が濃くなったので、白さが好い感じですネっ!
Commented by hiros at 2007-04-14 21:40 x
i_nosatoさん、こんばんは。
東京出張お疲れ様です。ちょっとタイミング悪かったですね。
朝の湿雪も9時前にはみぞれに変わりやがて雨に。
当然雪もすぐに融けますから、チャンスはわずかでした。
Commented by hiros at 2007-04-14 21:43 x
kuroesuさん、こんばんは。
すぐに融けましたけどね。
なかなか暖かくなりませんねぇ。花たちも春の日差しを待ちわびているでしょうに。
Commented by hiros at 2007-04-14 21:48 x
fusion海苔さん、こんばんは。
朝は結構降ってましたよ。十勝はすごかったようですね。
1時間ほど星置緑地でねばりましたが、体が冷えきって寒かったです。
雪の中の白いミズバショウ、きれいでしたよ。
Commented by あおの ひろ at 2007-04-15 07:04 x
おはようございます
友人がこの写真を見て、利休の歌を思い出したそうなので、ご紹介します。
「花をのみ 待つらむ人に山里の 雪間の下の 春を見せばや」
Commented by hiros at 2007-04-15 10:19 x
ひろさん、おはようございます。
早く来そうだった春もすぐそこまで来て足踏み(後戻り?)状態です。
今は人も花も動物たちもみんなが本格的な春の訪れを待ちわびています。
Commented by 小樽ではたらく本部長 at 2007-04-15 14:35 x
↓の投稿のクロッカスの水滴が寒むそうだけど、みずみずしいと思って見ていたんですが、
今回のミズバショウの水滴は言葉を失うほど! 見とれてしまいました!
こういう描写をするチャンスは限られているでしょうが、運以上の実力がなければ写せませんよ。
いいですねぇ(^^)
Commented by hiros at 2007-04-15 17:31 x
本部長さん、こんにちは。
こういうミズバショウはなかなか見るチャンスも少ないですもんね。
ホントにラッキーですよ。シャッターチャンスに恵まれました。
実力不足を助けてくれる北の自然に感謝。
Commented by Amy at 2007-04-15 21:19 x
春待つ折の雪に、「さっぽろで暮らすことの幸せを感じた」という
 hiros さんのコメントは自然への優しさにあふれていますね。
 寒さの中で水芭蕉の凛としている姿が素敵に撮れていますね。
 
Commented by hiros at 2007-04-15 21:43 x
Amyさん、こんばんは。
いや、単純に「美味しいシーンに出会えてラッキーだな」と思いまして。(笑)
いつもながら被写体に恵まれております。北の自然に感謝。
名前
URL
削除用パスワード
<< 淡雪の朝 虚 >>