2007年 04月 26日
生きていくということ
e0051186_19294098.jpg
e0051186_19295325.jpg

美唄市・美唄炭鉱繁栄の跡 4/21撮影
PENTAX K10D + FA77mmF1.8 Limited

短いレールを歩いても
 朽ちた橋を渡っても
  熱く語られたはずの夢は
   ここにはもう無い

ホームに伸びた雑草と
 飛び出した鉄筋が語るのは
  過ぎ去りし日の幻影

それはわずか数十年前のこと
 それが生きていくということ
  泥水よ 全てを流せ
hiros by hiros_01 | 2007-04-26 20:13 | その他 | Comments(14)
Commented by atCommA at 2007-04-26 21:51
ふわぁ...
かっこいい。

自前で詩とコラボできるってのは、いいですよねぇ...私はそちら方面がからっきしなので、うらやましくてしょうがないです。
最後の一行にしびれます...写真とのリンクもおみごとで。
Commented by Amy at 2007-04-26 22:18 x
胸にジーンとくる詩です。
 写真だけではわからない事を、hiros さんの言葉が
 教えてくれています。
 アルテピアッツアのある場所はは炭住街だったと本に書いて
 ありました。
 学校の跡地に素晴らしいかたちで残っているのですね。
Commented by i_nosato02 at 2007-04-27 08:21
うーーん。言葉もありません。感動です。
写真を見て、スクロールして詩を読んで、
また上に戻って写真をみて、言葉によって、写真にさらに奥行きが生まれますね。
Commented by kuroesu at 2007-04-27 09:40
コンクリートの土留めに目が行っていましたが
レールが敷かれたままなんですね。
私のブログにも真っ直ぐに伸びていく写真が
登場しますが(笑)こういった物が好きだったりします。
Commented by bono at 2007-04-27 20:38 x
こんばんは。
う~ん、この感覚ですね~。う~ん、唸るしかないっす。
hirosさんの気持ちと、私が感じたものが同じかは量りかねますが、
私は感じたものゆえにファインダーを覗けませんでした。
正面から見据えて表現されるのは、すごい事だと思います。
Commented by hiros at 2007-04-27 20:55 x
CommAさん、こんばんは。
このあたりはどうしてもね、感じてしまいますね。当時を知らない僕らでも。
詩なんてガラじゃないんですけど。
Commented by hiros at 2007-04-27 21:17 x
Amyさん、こんばんは。
ありがとうございます。
アルテピアッツァは本当に素敵な空間に生まれ変わっています。
でもそのすぐ近くには人々の記憶からさえ消えようとしているモノもたくさんあるんですよね。
Commented by hiros at 2007-04-27 21:22 x
i_nosatoさん、こんばんは。
感動なんて云われると感動してしまいます。(笑)
写真で全てを表現できればいいんですけどね。
Commented by hiros at 2007-04-27 21:32 x
kuroesuさん、こんばんは。
ずーっとまっすぐに伸びているモノって撮りたくなりますよね。
わずかに残ったレールとホーム、いろいろあったんでしょうね、ここで。
Commented by hiros at 2007-04-27 21:48 x
bonoさん、こんばんは。
感じ方も撮り方もみんなそれぞれですね。
bonoさんが撮る撮らないはっきりしてるのは、もうみなさん分かってますから。(笑)
いわゆる風景やネイチャーと違って思うところがありますよね、こういう場所は。
Commented by 小樽ではたらく本部長 at 2007-04-27 22:13 x
「泥水よ 全てを流せ 」...沁みますねぇ!
今は跡形もなくなりそうだけど、かつて此処で生きてきた人々が確かに存在した...
その記憶の糸を探るかのように散策する...でも虚しいだけなのか...
激流だけが全てを知り全てを拭い去っていく...

写真だけが幻影を残していく...僕等にできるのはただそれだけか...

感動のクライマックス・真雁の飛来に本当に救われました。
Commented by あおの ひろ at 2007-04-28 08:46 x
脱帽です・・・
Commented by hiros at 2007-04-28 13:29 x
本部長さん、こんにちは。
あの辺りはみなさん心に沁みていたんじゃないですか。
当時を知る由もありませんが、夢も活気も笑い声も、いっぱいあったでしょうに。

よっぽど前半戦はこたえられたようですね。(笑)
Commented by hiros at 2007-04-28 13:32 x
ひろさん、こちらにもありがとうございます。
脱帽だなんて、そんな。。
名前
URL
削除用パスワード
<< いや、ミッシーでは? 落日 >>