2007年 06月 28日
かなしべつ発、明日へ
e0051186_2001264.jpg
e0051186_2002254.jpg
e0051186_2003078.jpg
e0051186_2003769.jpg

ここまでPENTAX LX + SMCペンタックスM28mmF2.8

e0051186_2004423.jpg
e0051186_2005244.jpg
e0051186_2005926.jpg
e0051186_201715.jpg

ここまでPENTAX LX + FA77mmF1.8 Limited

e0051186_2011491.jpg
e0051186_2012289.jpg

ここまでPENTAX LX + SMCペンタックスM135mmF3.5
フィルムは全てFUJIFILM NEOPAN 400 PRESTO(プリントよりEPSON GT-9300UFにて取り込み)
上砂川町・悲別駅 6/24撮影

悲別駅のある空間だけは時が止まっているようだ
けれども、それは物語
ここは上砂川町
上砂川駅があった町
hiros by hiros_01 | 2007-06-28 20:48 | 街角から | Comments(12)
Commented by atCommA at 2007-06-28 22:18
素晴らしい。

どれか一枚を選ぶのが目的じゃないんですけども、

文字の(あんまり)入ってない写真に、より惹かれるような気がします。
その意味では、特に四枚目に一番強く、びびっと来ます。
でもそれって、文字がしっかり入ってる写真に挟まれてるからこそ、って気もしてます。

かすれつつも語り続ける言葉と、その響きの中で無言でたたずむモノたち。
その響きあいが、写真の構成でも再現されたような。
Commented by fusion海苔で~すッ! at 2007-06-28 23:23 x
コンバンワ!
銀鉛は全く承知してません、hiros さん!

でも、同じスポットの私に画よりは、何処か哀愁を帯びたモノクロがイイです!
そして、参考になります。

この駅舎、移設しないで保存していてくれたら、どんなに観光価値があった事か。。。
Commented at 2007-06-28 23:45 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ariari at 2007-06-29 00:20 x
駅舎がそのまま残っていて、改札口や出札風景がそのまま見えて、
そして客車が・・・(んまあ、この客車がココに縁があるとかは
置いておいて)人が行き交う駅には生活があり、匂いがあって
息づかいがありました。
でも、今もきっと人は駅で何かを捨て、何かを得て、歓び、悲しみ
今も変わらず誰かを迎えているんだと思います。
存在価値とか、そういうものを越えてここにある事実でヨシ、です。
Commented by hiros at 2007-06-29 06:11 x
CommAさん、おはようございます。
>特に四枚目に一番強く、びびっと来ます
 本人も現場でびびっと来てまして、これと7枚目だけアングルを少し変えて2カットずつ撮ってます。
文字があっても無くても全てが語りかけてくるような気がしました。
Commented by hiros at 2007-06-29 06:19 x
fusion海苔さん、おはようございます。
ワケあって移設した(向きを変えた)のでしょうけど、駅舎の向きは不自然ですね。
でも仮にそのまま保存されていたとしても、この町にとって「観光」価値がより有ったかと言えば疑問です。
Commented by hiros at 2007-06-29 06:20 x
鍵コメさん、おはようございます。
のちほど改めてご連絡します。
Commented by hiros at 2007-06-29 06:29 x
ariariさん、おはようございます。
駅には、その地に暮らす人、訪れる人にとっていろんな思いがありますよね。
この駅も現役の時には多くの人を見てきたことでしょう。
そして今でもこの駅に「思い」を残している人が大勢いるはずで。。
駅舎を見ているだけでいろいろ感じられる場所でした。
Commented by i_nosato02 at 2007-06-29 08:13
4枚目がいいですね。好きですよこのボケ具合。
5枚目の窓からの風景もいい雰囲気ですね。
6枚目のベンチ、待合室といったらベンチですよね。このベンチのボケもたまりません。
「駅」はやっぱり絵になりますね。最近の機能的な味気ない駅と違って昔ながらの駅はいいですね。
Commented by 小樽ではたらく本部長 at 2007-06-29 19:21 x
国鉄の空気をストレートに感じます。
駅という空間の日常性というよりは非日常性(出会い・別れ・再会)の方を強く感じました...ドラマ性というか...
光と影が雄弁に語るモノクロの世界がまた非日常性を強調しているのでしょうか?
6枚目の自動券売機ではない窓口に温もりと息づかいを感じました。
どれも緻密な描写の画作りに感嘆しております!
Commented by hiros at 2007-06-29 20:25 x
i_nosatoさん、こんばんは。
5枚目もちょっとこだわってますよ。(笑)広角の横版も撮って、こっちセレクトです。
明日も駅をからめようかなぁ。。。
Commented by hiros at 2007-06-29 20:31 x
本部長さん、こんばんは。
違和感のあった「JR」が当たり前になっちゃいましたね。「E電」は消滅しましたけど。(笑)
人がいない、音も無い駅ですけど、なぜかあったかい感じがしますね。
名前
URL
削除用パスワード
<< ROSE 誰にもふるさとがあって。。。 >>