2008年 02月 17日
夢の通り道を僕は歩いている
ひとり出遅れた今年の雪あかり
既にお仲間の皆さんがぜーんぶお持ち帰りになって僕に残されたものはごくわずか
おまけに天気までが意地悪で途中で吹雪かれるし
蝋燭の火は雪で消えているやつが多いし
(スタッフやボランティアの皆さんは休むことなく火を点けて回っています。頭が下がります。)
もうこれくらいしかやることが思いつかない今年の雪あかり
(言い訳です。m(__)m タイトルもみゆきさんにお借りしました。)
e0051186_6563593.jpg

e0051186_65646100.jpg

e0051186_6565848.jpg

e0051186_657119.jpg

小樽雪あかりの路 10(2008.2.8~2.17)
小樽市・手宮線会場 2/16撮影
全て PENTAX K10D + FA*Macro 200mmF4ED[IF](二重露光)
(ラスト1枚は画像クリックで900×600サイズになります)

hiros by hiros_01 | 2008-02-17 07:37 | フェスティバル | Comments(8)
Commented by あやや at 2008-02-17 08:39 x
昨日はお疲れ様でした、そして本当にありがとうございました。
これが教えて頂いた二重露光!
ワックスボールって普通に撮るとなかなか様にならないんですが、
これはもう、まさに技アリですね。
ほんわり感がなんとも自然で温かみがあって、見ているだけで癒されますもの。
私の場合は手ブレ二重露光多発です(笑)
Commented by 本部長 at 2008-02-17 15:43 x
やりました! 想像を超えるワザですよ(^^)
Pレンジャーでなけらばそう簡単にできませんね!
(冷静に考えると*istでも出来ますがやろうと思ったことないですね...汗)
ワックスボールはどうしても同じような画しか写せなくて悩んでいました^^;
まだまだ引出はありますね。

でも、ワザがどうこうの問題ではなくって、純粋に美しく心に響く描写なのが素晴らしいんです(*^^)
Commented by ariari at 2008-02-17 19:29 x
お持ち帰りなんてとんでもございません。全然自分では撮り足りず
消化不良でした。北海道でもっとも好きなイベントになりました。
満足しちゃうと後がないので、また来年頑張ります。
柔らかい描写はhirosさんじゃなくちゃダメっすよ。
Commented by hiros at 2008-02-17 20:56 x
あややさん、こんばんは。
こちらこそ、ご馳走様でした。私の口に入る数が少ないのがちょっと問題です。(笑)
>二重露光
 理屈を説明しただけですから、次回はお教えしましょうか?
 花にも使えますよ。
 三脚使って手ブレって?(笑)
Commented by hiros at 2008-02-17 21:03 x
本部長さん、こんばんは。
Pレンジャーの面々は日々ワザを磨いております。(笑)
毎年同じ様な画ばかり撮っていますが、雪あかりの優しさを表現できれば良いですね。
Commented by hiros at 2008-02-17 21:07 x
ariariさん、こんばんは。
私も今年の雪あかりは不完全燃焼です。そもそも気合不足で、質量共にダメダメでした。
来年頑張るべきことがどんどん増えていきますね、お互いに。(笑)
Commented by Amy at 2008-02-17 21:08 x
鶴居キャンプから三重県、そして小樽とお忙しい日々のなか
最後は「雪あかりの路」のほんわかとした温もりの写真で、こちらの
心までも暖かーくなりました。
昨日の運河の写真を壁紙に使っています。
北の大地の冬景色をいろいろ楽しませてもらっています。

Commented by hiros at 2008-02-17 21:14 x
Amyさん、こんばんは。
忙しいと云うか、ヒマと云うか、まあ好きでやっていることですから。(笑)
雪あかりの路はほんの少しだけしか撮れませんでした。
まだまだ冬を楽しみますよ。
名前
URL
削除用パスワード
<< 灯り 地上ノホシゾラ >>