2008年 10月 17日
暗闇の駅に想いが灯る
江差の町を出ると間もなく上ノ国町で国道を外れ道道を進む。
「時刻表で江差線の時間を調べてみて。」
「江差からはもう無い。木古内からは20時47分発の最終があるよ。」と連れが答える。
「じゃあ、木古内側の雰囲気が良さそうな駅で待てば良いな。途中も駅だけでも。」

道道5号江差木古内線はほぼ江差線に沿って走る。
道道から少し入った場所にその駅はあった。

『明るさ分の想い』
e0051186_12574047.jpg

JR江差線・神明駅 10/12撮影
PENTAX K10D + Carl Zeiss Distagon T* 2.8/25mm ZK


峠を越えて木古内町に入る。
神明駅から13.2km先に次の駅があった。
車掌車を改造した待合所のあるホームで20時56分発の江差行を待った。

『5本目の最終列車』
e0051186_1330527.jpg

e0051186_1331895.jpg

JR江差線・吉堀駅 10/12撮影
PENTAX K10D + Carl Zeiss Distagon T* 2.8/25mm ZK
(上の画は画像クリックで900×600サイズになります)


北海道新幹線が開業すれば、木古内-江差間は廃止されるらしい。
便利になることが不便を強いる。

木古内の町で津軽海峡に出た車は、再び海沿いを函館へ向かう。。
hiros by hiros_01 | 2008-10-17 19:20 | レイルウェイ | Comments(8)
Commented by ariari at 2008-10-17 22:54
やっぱ一枚目の駅が最高にいいです。
江差線廃止は非常に腹が立ちます。新幹線は地元自治体の要請なのでいわば取り替えっこだそうです。IGRいわて銀河鉄道しかり青い森鉄道しかり。
利便性というのは地元に本当に恩恵があるのか、沿線地域にとっては必要なものなのですかね。
私は北海道に新幹線、要りません。
Commented by cocoon at 2008-10-17 23:15 x
ローカル線の駅って、どうしてこんなに郷愁を誘うのでしょうか?
ぽつんと灯る駅舎の灯りの暖かい事!
又、北海道ローカル線の旅に出たくなりました。
Commented by 本部長 at 2008-10-18 07:31 x
恥ずかしながら、この辺の沿線、駅のことを全く知らないでおりました。
自分のイケナイ性格上、なくなってしまってから取りつかれたように行ってしまいそう...
なくなる前に行くしかないですね!
こんな静寂につつまれた夜のシーンを見せられた日には(^^)
Commented by hiros at 2008-10-18 07:42 x
ariariさん、おはようございます。
一枚目、ありがとうございます。あたりは真っ暗で、その中に待合室の明かりが雰囲気抜群でした。

地元の要請と言っても、そこに暮らす人や利用する人の声よりも、造る人やぶら下がる人の声が大きいんじゃないかと。
本当の地元=沿線に生活する人にとっては失うものは小さくないはずです。
じゃあ、と続けると長~くなりますので、その辺は別の機会に。
Commented by hiros at 2008-10-18 07:57 x
cocoonさん、おはようございます。
時間が許せば実際に乗って旅をしたいですね。

>ぽつんと灯る駅舎の灯りの暖かい事
 本当に暖かな灯りでした。
 真っ暗な中に駅の明かりだけが浮かんでいるんですよ。
Commented by hiros at 2008-10-18 08:02 x
本部長さん、おはようございます。
私も乗ったことがあるわけでもなく、撮ったのも初めてです。
ぜひ廃線前に行ってみてください。私も明るい時間帯に再訪したいと思います。
Commented by i_nosato02 at 2008-10-18 08:06
じーーーん。
一枚目 すばらしいですね。夜の駅ってどうしてこんなにいい雰囲気なんでしょうね。
その雰囲気を壊さず、室内を白とびさせずに捉えているあたりがさすがです。
新幹線。私も要りません。だって函館から札幌までほとんどトンネルなんでしょ。乗っていてなにも楽しくないじゃないですか、バスや軽自動車とのバトルもないし。

Commented by hiros at 2008-10-18 10:19 x
i_nosatoさん、おはようございます。
一枚目、ありがとうございます。
なんとか雰囲気を伝えたくて頑張りました。構図はすぐに決まりましたが、露出には気を遣いましたね。

新幹線はねえ。。旅をするのか移動の手段か。。。
名前
URL
削除用パスワード
<< 暗闇に浮かぶ 暮れ往く海を見つめて >>