2008年 10月 18日
暗闇に浮かぶ
函館に向かう車の右手は真っ暗な海だ。
と、暗闇の海に浮かぶ強烈な灯りが飛び込んできた。

『いさり火』
e0051186_18233396.jpg

木古内町 10/12撮影
PENTAX K10D + FA77mmF1.8 Limited
(画像クリックで1024×684サイズになります)


漁港に車を停め、防波堤の基部に上って三脚を立てた。
暗闇の中、三脚が立つか立たないか程度の幅の防波堤を歩くのは怖い。

いさり火のあとは函館の街明かりを見ながら函館港へ。
ナッチャンの近くで一夜を過ごしたノーちゃんは、まだ薄暗いうちに国道228号を少し戻った。。
hiros by hiros_01 | 2008-10-18 18:00 | 風景 | Comments(2)
Commented by cocoon at 2008-10-18 23:26 x
異次元に迷い込んだような不思議な世界。
あー、漁火とテトラポットが作り出す世界だったんですね。
真っ暗な防波堤で格闘しているhirosさんを想像すると、
その情熱に雑帽です。
Commented by hiros at 2008-10-19 05:59 x
cocoonさん、おはようございます。
真っ暗な中に、かなり明るい漁火が印象的でした。

>真っ暗な防波堤で格闘
 お恥ずかしい。。(笑)
名前
URL
削除用パスワード
<< 函館山に朝が来る 暗闇の駅に想いが灯る >>