2008年 10月 19日
函館山に朝が来る
車中泊ならすぐに移動できる。
日の出の撮影ポイントを探して、前夜走ってきた道を少し戻った。
この時、前日家を出る前に日の出の方角を調べ忘れたことを悔やんでいた。
方位磁石はカメラバッグにつっ込んだのに。

大体の推測と勘に頼って車を停める。
しばらくすると函館山の背後が暁光に染まりはじめた。

『はじまり』
e0051186_1441819.jpg


朝日が昇り、海面に金色の帯が輝いた。

『函館湾の朝』
e0051186_14412278.jpg

北斗市(旧上磯町) 10/13撮影
PENTAX K10D + Carl Zeiss Distagon T* 2.8/25mm ZK
(ともに画像クリックで1024×684サイズになります)


良い空になりそうだ。
上磯から道道96号上磯峠下線を北へ向かった。。
hiros by hiros_01 | 2008-10-19 06:00 | 風景 | Comments(4)
Commented by 本部長 at 2008-10-19 15:50 x
個人的に幕末へと想いが馳せていく情景です。
こんな日の出を土方歳三や榎本武揚は見ていたのでしょうか?
はたまた新政府軍、黒田清隆が箱館山を制圧する暁に見た光景なのか...妄想ばかりが膨れ上がります(^^ゞ

> 前日家を出る前に日の出の方角を調べ忘れたことを悔やんでいた。
やはり函館山の送信所から顔を出すのがネライでしたか?
Commented by hiros at 2008-10-19 20:16 x
本部長さん、こんばんは。
幕末ですか。撮り手は全くの想定外ですが。(笑)

>函館山の送信所から顔を出すのがネライでしたか?
 そういうわけでもないのですが。
 まあ、(日が昇るあたりの)雲の状態も良く、結果オーライでした。
Commented by bono at 2008-10-19 22:21 x
こんばんは~...って言うより、おはようございますって感じに^^
いいポジション見つけられて、最高の朝ですね。
2枚目すごいですね。
写真見ても眩しいと思えます。

↓ の写真も目から鱗の世界です。
Commented by hiros at 2008-10-20 05:52 x
bonoさん、おはようございます。
いい朝でしたよ~。
2枚目、ありがとうございます。

↓は露光25秒で、自分も「こういう風に写るんだ」って。(笑)
名前
URL
削除用パスワード
<< 自然が描いた絵のように 暗闇に浮かぶ >>