2008年 10月 21日
噴火湾を往くスーパー北斗2号
碧い海に浮かぶたくさんの白い小さな漁船が目に留まる。
国道の海側に駐車スペースを見つけて車を停めた。
カメラを手に踏み分けをたどり断崖の上に出たその時、左手から列車の音が近づいた。

『青い疾走』
e0051186_17253456.jpg

JR函館本線・野田生駅~落部駅間 10/13撮影
PENTAX K10D + DA12-24mmF4ED AL[IF]
(画像クリックで900×600サイズになります)



さらに車は弓なりに伸びる海岸線に沿って北へ向かう。。
hiros by hiros_01 | 2008-10-21 06:00 | レイルウェイ | Comments(4)
Commented by 本部長 at 2008-10-21 21:28 x
おおっ、魚眼でなくても地球は丸いですね!
動感のあるスーパー北斗2号が決まってますね(^^)
Commented by hiros at 2008-10-21 22:30 x
本部長さん、こんばんは。
そう云えば、最近魚眼の出番がありません。

ここでは鉄狙いじゃなかったんですけど、ちょうどタイミングよく通過してくれました。
Commented by i_nosato02 at 2008-10-22 05:50
青い海に、おあつらえ向きの青い特急。
気持ちのよい写真ですね。
Commented by hiros at 2008-10-22 06:00 x
i_nosatoさん、おはようございます。
天気が良くて、青い海がきれいでした。
特急はおまけなんですけどね。ラッキーでした。
名前
URL
削除用パスワード
<< 白滝水流橋から 自然が描いた絵のように >>